公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.8107

娘とのクリスマス会(東京都)

21日、娘のクリスマス会に夫婦で参加。毎年恒例の行事で、久しぶりに娘との時間がゆっくり持てました。 サンタさんや楽しい音楽が流れる中、飛び跳ねる娘の後を追いかけながら汗だくに。娘の笑顔を見ているだけで幸せになります。 利用者の皆さんが次々と舞台で歌や踊りを披露する等、楽しい時間でした。娘も一緒に嬉しそうに皆の回りを廻っています。 最後のケーキをいつものように何個も平らげ、大変満足そうです。スタッフ……つづきを読む

No.8106

「へき地医療に総合診療医、欠かせず」(党過疎PT)(東京都)

公明党の過疎地に関するプロジェクトチーム(PT)は20日、参議院議員会館で会合を開き、へき地医療の現状と課題について、茨城県西部メディカルセンターの梶井英治病院長から話を聞き、意見交換。PTの座長として出席。 梶井病院長は「へき地では、患者や地域のニーズに応じた柔軟な対応が求められる」と指摘し、専門分野に限らない幅広い症状の診療を行える総合診療医が必要だ」と訴えられました。

No.8105

難聴児の課題・要望で「全国難聴児を持つ親の会」鎌田浩二会長と意見交換(香川県高松市)

18日夕方高松市の事務所に「全国難聴児を持つ親の会」の鎌田浩二会長が来訪。難聴児者の支援で意見交換。 鎌田会長は香川県の難聴児(者)親の会の会長でもあり、(有)高松ソリューションの社長です。 「全国難聴児を持つ親の会」は、聴覚に障がいを持つ子供たちに、より良い教育環境と生活環境をもたらすために、その親たちが情報を交換し、互いに助け合い、また教育関係者や行政にはたらきかけることを目的として設立。 最……つづきを読む