公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.3915

奄美大島訪問レポート⑦重要港湾 名瀬港視察(鹿児島県奄美市)

視察2日目。早朝、公明党離島対策本部(遠山清彦)として、名瀬港を視察。 名瀬港は奄美大島の北西部に位置し、鹿児島・奄美・沖縄航路の定期船が毎日就航しているほか、東京や阪神航路の定期船も寄港している。 本土や奄美群島各港を結ぶ海上交通の拠点として利用され、奄美大島の産業・経済を支える拠点港として重要な役割を果たしている。 現在、社会資本整備総合交付金事業(防災・安全交付金)として災害発生後の緊急物資……つづきを読む

No.3914

奄美大島訪問レポート⑥地元首長との意見交換(鹿児島県奄美市)

公明党離島振興対策本部(遠山清彦本部長)として奄美群島の首長・議長の皆様との意見交換会。 今年度末で期限切れを迎える奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)の延長・改正に向け、各首長の要望をお聞きする。 奄振へ地方が比較的自由な裁量で使える交付金制度の創設、民間と同じく航空運賃、貨物の輸送コストの補助、島留学など教育の在り方、人口減少への対応など活発な意見交換会が行われた。 今後の法改正へ繋げてまいり……つづきを読む

No.3913

奄美大島訪問レポート⑤地元関係団体の皆様との意見交換会(鹿児島県奄美市)

公明党離島振興対策本部(遠山清彦本部長)として、島民の地元商工会など経済・観光・農業・漁業など各団体の方々との意見交換会を開催。 『航路・航空路運賃、燃油対策(漁業)、観光振興、地場産業の拡大(大島紬など)農業振興(パパイアなど)、、自然環境保護(松くい虫など害虫対策)、豪雨台風対策、教育環境改善、ソフト事業への施策展開など等』多くの課題・要望を伺う。 伺った内容につて、今後の奄美群島振興開発特別……つづきを読む

No.3912

奄美大島訪問レポート④豪雨災害対策・戸口地区視察(鹿児島県龍郷町)

公明党離島振興対策本部(遠山清彦本部長)として、平成23年9月豪雨災害にあった龍郷町大美川 戸口地区を視察。 平成22年10月20日。時間雨量130ミリを超える猛烈な雨で河川の氾濫により奄美大島で浸水被害が発生。 戸口川沿岸・大美川沿岸で浸水・被害が広がった。 平成23年9月25日~27日の豪雨災害でも被害。 豪雨災害の対策が急務となり、対応している現場を視察し、今後の台風や豪雨被害への対応を検討……つづきを読む

No.3911

奄美大島訪問レポート③1300年の歴史、大島紬の魅力を見学(鹿児島県龍郷町)

離島振興対策本部(遠山清彦本部長)メンバーとして龍郷町にある大島紬村を視察。 大島紬村では、亜熱帯植物などの自然に囲まれた庭園で、白い絹糸から大島紬ができあがるまでの全ての工程が見学できる。越間社長から庭園・施設を案内いただく。 奄美大島紬(おおしまつむぎ)は、奄美大島の特産品で手で紡いだ絹糸を泥染めしたものを手織りした平織りの絹布や縫製した和服で島の主要産業である。 1300年の太古より奄美の人……つづきを読む

No.3910

奄美大島訪問レポート②情報通信(ICT)で島の活性化へ! 「奄美市ICTプラザかさり」視察(鹿児島県奄美市笠利町)

公明党離島振興対策本部(遠山清彦本部長)のメンバーは最初に「奄美市ICTプラザかさり」を視察。 平成23年度からの事業(情報通信産業インキュベート施設整備事業)。 事業目的として、情報通信企業・技術者の拠点となり施設(企業入居スペース、創業支援オフィスなど)の整備と地元企業の育成及び企業誘致の推進を目的にしている。 事業の推進役であるインキュベーションマネージャーの勝眞一郎氏からの案内で施設や取組……つづきを読む