公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.3618

重症心身障害児(者)施設「幡多希望の家」を訪問(高知県宿毛市)

四万十市から宿毛市に移動。 野々下市議と重症心身障害児(者)施設「幡多希望の家」を訪問。 松浦理事長・施設長から課題、要望を伺う。 現在48名が入所。在宅支援は約30名。医師や看護師、療育員などスタッフは約100名。 課題は、 ①募集をかけても看護師、作業療法士、理学療法士が集まらない ②発達障害児(幡多地域に約50名以上)が多く、支援が行き届かない事等。 都会と違い地方の悩みは大きい。今後対応を……つづきを読む

No.3617

自然豊かな四万十市 地元市議との廻り(高知県四万十市)

須崎市から四万十市へ移動。途中津波高34.4㍍の黒潮町を通過。視察を思い出す。 (訪問のブログ) https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/cat73/2012/07/14_3394.html 四万十市は、高知県南西部における拠点都市であり、市の中心部付近は四万十川によって形成された沖積平野である中村平野が広がっている。 市域の大半は山林である。人口3万5……つづきを読む

No.3616

地域に根差す公明党!須崎市まわり(高知県須崎市)

土佐市から須崎市へ移動。 須崎市は高知県の中西部に位置し、国の天然記念物のニホンカワウソが最後に目撃をされた清流新荘川など、海・山・川の自然と厚い人情にあふれた人口約25,000人の太陽の光あふれる美しい町。 津波約13メートルの須崎市(南海トラフ巨大地震)。 須崎市の佐々木市議と共に市内をまわり、要望等伺う。 地域に深く根ざし、国民の”目”や”耳”となって現場の声から国政を動かす公明党!

No.3615

自然豊かな高知県内を挨拶まわり①(高知県香美市・高知市・土佐市)

早朝、朝陽を浴びながら高松市を出発。高知県へ。 香美市内にて織田市議と地元企業の挨拶まわり。 高知市内へ移動し、あいさつ回り。銀杏の黄色が綺麗。風で銀杏の葉が飛び交う。高知県社労士会を訪問。 その後土佐市をまわる。