公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.3054

造血幹細胞移植法案・前進へ!法整備検討PT(東京都)

午後、公明党厚生労働部会、造血幹細胞移植法整備検討PT(渡辺座長)合同会議を開催。 渡辺座長から自公の協議状況報告の後、造血幹細胞移植法案(仮称)について、法制局からヒアリング。法案審査も含め、党内で意見交換を進めた。 今回の法律は、造血幹細胞移植を必要とする者が受ける機会が十分確保されるよう、移植に用いる造血幹細胞【骨髄、抹消血管細胞、さい帯血】の適切な提供の確保を一体的に推進するための法整備。……つづきを読む

No.3053

「24時間定期巡回随時対応サービス事業」視察(東京都)

午前中、公明党介護保険制度委員会(古屋委員長)のメンバーと「24時間定期巡回随時対応サービス事業」を視察。 視察先は世田谷区にあるジャパンケア世田谷。 介護保険法改正により、この4月から24時間対応型の訪問介護サービスが新たにスタート。すでに2年前から世田谷区ではモデル事業として実施されており、(株)ジャパンケアサービスが運営を行っていた。 板垣取締役、24時間包括ケア開発本部 山崎チーフリーダー……つづきを読む

No.3052

「障がい者総合福祉法案について」党内論議 (東京都)

8時30分から厚生労働部会・障がい者福祉委員会合同会議が開催された。「障がい者総合支援法案」についての党内論議。修正部分など突っ込んだ議論を進めた。 午後、上記の内容について自民党との協議を進めた。障がい者総合福祉法について、さらに論議を深め、障がい者の方々にとって喜んでいただける法律をめざし進めたい。 午後、徳島県から社会福祉法人 共生会 原理事長・眉山園・就労センターかもな園 三橋園長が来訪。……つづきを読む

No.3051

民主の公約は総崩れ/景気、生活の不安拭えず/2012年度予算が成立 歳出削減努力も不十分/浜田、山本(博)氏が反対討論

 <これまでの活動記録> 2012年度予算が5日夕、成立した。同日午後の参院予算委員会と参院本会議では、自民、公明などの反対多数で否決された。衆参両院の議決が異なったため、両院協議会が開かれたが、協議が調わず、衆院の議決を優先する憲法60条の規定に基づき成立した。 同予算の一般会計総額は90兆3339億円。別枠とした東日本大震災の復興費などを加えた実質的な予算規模は96兆6975億円と当初予算では……つづきを読む