公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.3043

ひきこもり支援に全力!KHJ高知県家族会長と意見交換(高知県高知市)

夕方高知市内にて、ひきこもり家族会『KHj高知県やいろ鳥の会』竹中会長と懇談。現状と要望を伺う。 (現状) ・地域引きこもり支援センターにて家族サロンや若者の集い等の行事開催 ・居場所づくりとして県独自予算(3年間で850万円の決定)  ぽれぽれ農園の家屋を改修して、居場所の提供が実現など1歩1歩前進へ。 (要望内容) 1.認知行動療法の専門医、心理士などの体制拡充 2.ひきこもり支援での家族支援……つづきを読む

No.3042

障がい者就労支援の現場を訪問。課題・要望を伺う(高知県高知市)

最後は、桟橋通りにある自由民権記念館内のm’s plaseを訪問。 障がい者の就労移行支援事業として、今から3年前に公共施設内でスタートした。 いままでの記念館内のレストランは日に10名も来なかったが、ワークみらい高知が運営する事で、毎日160名以上に大きく変貌。 ランチもケーキ、ドリンク付きで650円と大変安く、美味しい。障がい者が4名が接客をしているが、大変礼儀正しい。 竹村代表から障がい者の……つづきを読む

No.3041

障がい者の就労・地域移行へのモデル事業の推進(高知県高知市)

竹村代表と就労継続支援A型事業所 sweet factorySTRAWBERRY FIELDSを視察。 現在15名が就労しており、工場は機械化でどんな障がい者でも働けるように工夫されている。ガラス張りで自由に見学もできる。 お店には8名の障がいのある方々が接客をしている。皆さんイキイキしている。毎月10万円ちかいお給料をもらい、誇りをもって仕事される姿が美しい。 ケーキも105円と安い。大勢の方々……つづきを読む

No.3040

アートゾーン「藁工倉庫」再生の100日間の歴史(高知県高知市)

早朝、高松から高知県に移動。寺内高知市議と共に、終日ワークみらい高知の竹村 利道代表の案内で、アートゾーン藁工倉庫・就労継続支援A型事業所、地域交流フロアなど障がい者就労支援の現場を訪問。課題・要望を伺う。 最初の藁工倉庫 リノベーションプロジェクトは、写真と映像でとらえた美術館への100日間の紹介の展示。 2011年12月、かつて藁を保管していた白壁の蔵が小さな美術館「藁工ミュージアム」へと生ま……つづきを読む