公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2792

鳥取県身体障害者福祉協会の方々と懇談(鳥取県倉吉市)

社会福祉法人 鳥取県身体障害者福祉協会・日野会長はじめ倉吉市身体障害者福祉協会の方々と懇談。課題、要望を伺う。 公明党鳥取県本部から銀杏・澤県議、高田、杉山倉吉市議が同席。 就労支援、無年金・低年金対策、障がい者の財源、総合福祉法への課題、民主党政権の障がい者施策の不安など等意見交換。 また公明党の取り組みで成立した障害者基本法、虐待防止法、障がい者への災害支援策などお話しする。 障がい者施策への……つづきを読む

No.2791

公明党鳥取県本部第8回県代議者会議 (鳥取県倉吉市)

朝、高松駅を出発。マリンライナー号で岡山駅。特急やくも号で米子駅。 さらにスーパーまつかぜ号で倉吉駅へ。4時間の旅。 公明党鳥取県本部第8回県代議者会議が開催された。 銀杏県代表(県議)の挨拶・提出議案の説明・採決の後、挨拶。 国会の第3次補正予算の内容・震災対策、TPP、消費税問題、障がい者支援策などの国政報告を行い、質疑応答。 第4次補正予算の必要性など今後の国政についての質疑が行われた。 2……つづきを読む

No.2790

サイバー攻撃で対処検討/党委員会が初会合 専門家招き意見交換

記事分類

 <これまでの活動記録> 公明党のサイバー攻撃対処検討委員会(遠山清彦委員長=衆院議員)は22日、衆院第1議員会館で初会合を開き、最近、国会や防衛関連企業を狙ったサイバー攻撃が相次いでいる問題について、専門家の伊東寛氏(ラックホールディングス㈱サイバーセキュリティ研究所所長)を招いて意見交換した。石川博崇事務局長ら衆参国会議員が参加した。 伊東氏は最近のサイバー犯罪の傾向について「組織的で金銭目的……つづきを読む