公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2667

第25回全国浄化槽大会懇親会(東京都)

午後、成年後見制度促進PT(大口座長)が開催。 『成年後見制度・市民後見人について』法務省・厚労省からヒアリングを進める。 夜は、第25回全国浄化槽大会懇親会に出席。 10月1日は『浄化槽の日』。浄化槽法が昭和60年10月1日に施行されたのを記念して昭和62年に設けられた。 【浄化槽の特長】 ・下水道並みの水処理能力を持つ ・建設、維持管理コストが安い ・建設期間が短く投資効果に速効性がある。 ・……つづきを読む

No.2666

第178回臨時国会が閉幕(東京都)

本日で第178回臨時国会が閉幕。18日の短期間であったが、公明党は、山口代表中心に団結して国民目線で戦った。 当初4日間で閉じようとした姑息な民主党政権。公明党の主張で、代表質問・予算委員会の開催となり、公明党の提唱した原発事故調査委員会設置法案が本日可決した。被災地の声、国民の声の反映に少しでも公明党が動き対応した結果である。 政府与党は、本格的な第3次補正予算を早く提出すると共に、臨時国会開催……つづきを読む

No.2665

AEDの普及加速を/田中・国士舘大教授 救急医療の法整備も

記事分類

 <これまでの活動記録> 公明党厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は29日、参院議員会館でAED(自動体外式除細動器)の普及と問題点について、国士舘大学大学院の田中秀治主任教授と意見交換した。 田中氏は、元サッカー日本代表の松田直樹選手が練習中に心筋梗塞で倒れ、亡くなったことに触れ「突然死は誰にも予測できない。AEDの有無が大きな差を生む」と強調。日本は2004年のAED導入以来、今年3月時……つづきを読む

No.2664

離島振興法の拡充必要/長崎県知事らが要望 移動・輸送費の引下げも/山口代表ら応対

 <これまでの活動記録> 公明党の山口那津男代表と離島振興対策本部(遠山清彦本部長=衆院議員)は29日、衆院第1議員会館で、中村法道長崎県知事や同県内の市町長らと会い、離島振興策について要望を受けた。 席上、中村知事は2012年度末に離島振興法が期限切れとなることに触れ、「離島の現状を考えると、さらなる内容の拡充・延長が欠かせない」と強調。少子高齢化などを踏まえた思い切った施策が必要と力説した。 ……つづきを読む

No.2663

「点字こうめい」のてい談!手をつなぐ育成会北原理事長・JDD市川理事長と(東京都)

夕方、「点字こうめい」のてい談取材が国会事務所で行われた。 てい談は、社会福祉法人 全日本手をつなぐ育成会 北原守理事長。 一般社団法人 日本発達障害ネットワーク 市川宏伸理事長のお二人。 テーマは「共生社会の実現へ」。 “ねじれ国会”で政治の停滞が指摘される中、今年の通常国会では、障害者虐待防止法、改正障害者基本法の2法が成立し、障害者施策が一歩前進した。 2法成立の意義や、共生社会の実現に向け……つづきを読む