公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2534

平成23年度岡山三田会総会・懇親会(岡山県岡山市)

岡山に移動。夜開催された岡山三田会総会・懇親会に参加。 塾歌斉唱・武田会長の挨拶の後、清家塾長の講演。 「学問による貢献」の内容。 福澤先生の「実学・公智・篤信」を通じ、震災後の日本のあるべき姿を論じられた。今後への大変示唆に富む内容であった。 懇親会では高祖副会長の乾杯の後、懇談。 途中挨拶もさせていただく。栗生塾員センタ‐課長から映像での慶應義塾の近況や新入会員紹介も。 同期など大勢の慶應の方……つづきを読む

No.2533

2次補正予算が成立・公明の主張、随所に反映(東京都)

東日本大震災の追加復旧策を盛り込んだ2次補正予算が25日、賛成多数で可決した。 2次補正の財政支出額は1兆9988億円。施策の柱は原発事故の賠償負担を含めた事故対応や被災地の「2重ローン」対策など。 この中には公明党の提言を政府に申しれた内容が多く反映されている。 ①全福島県民を対象とした健康調査や放射線量が毎時1マイクロシーベルト以下の校庭の新たな放射線量低減策を実施。 ②子どもや妊婦に対するフ……つづきを読む

No.2532

弔慰金の支給対象拡大/公明推進の改正法成立/参院特委で山本(博)氏質問

 <これまでの活動記録> 災害弔慰金の支給対象を「兄弟姉妹」にも広げる災害弔慰金支給法改正案が25日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。 災害弔慰金は、自然災害で生計を維持する人が亡くなった場合に500万円、それ以外は1人につき250万円を支給するもの。これまでの支給対象は、遺族となった配偶者、子、父母、孫、祖父母に限られていたが、今回の法改正により、兄弟姉妹も対象となる。弔慰金は、3月11日……つづきを読む