公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2475

切磋琢磨の香川県議員研修会(香川県高松市)

夕方から香川県公明党本部で、香川県議員研修会を開催。県内の県・市・町議の皆様が参加。今回で3回目。 「介護保険制度の現状と課題・通常国会の法案・政局の話など」約1時間30分の議員研修。 様々な質問を受け、地方議員の方々の声を伺う。 切磋琢磨の研鑽を終え、高松駅からマリンライナー号で岡山へ。夕刻の瀬戸内海。岡山駅からスーパーいなば号で鳥取へ。

No.2474

地域包括ケアシステム実現へ!介護現場の声を伺う(香川県土庄町・小豆島町)

高松港から高速艇で小豆島土庄港へ。 晴天の下、素晴らしい景色に心が洗われる。 柴田小豆島町議と島内をまわる。 サンシャイン会の川西理事長を訪問。介護現場を視察。 特別養護老人ホームに300人待ちの状態。地域包括ケアシステムの取り組みの中で介護予防の推進についてお聞きする。さらに小規模多機能居宅介護を明年から実施する際の課題・要望もうかがう。 介護現場の生の声。大変貴重なご意見に感謝です。

No.2473

第41回「高松市身体障害者福祉大会」で挨拶 (香川県高松市)

早朝7時25分の飛行機で羽田空港から高松空港へ。 第41回高松市身体障害者福祉大会に参加。 開会前、障害者の皆様の創作された品々を鑑賞。山田副会長と懇談。 4年以上前、自宅でお会いし、議員になれば障害者支援に全力で取り組む事等、お話ししたを懐かしく懇談。 大会では、山田副会長の式辞。 浜田香川県知事・大西市長の祝辞の後、挨拶をさせていただく。 「4年間の障がい者施策の取組みや、障がい者や家族の方々……つづきを読む

No.2472

消費者教育の推進を/法整備めざし議論/党対策本部

 <これまでの活動記録> 公明党消費者問題対策本部(木庭健太郎本部長=参院幹事長)は24日、参院議員会館で会合を開き、消費者教育の推進について日本弁護士連合会(日弁連)と消費者庁から説明を受けるとともに、意見を交わした。 消費者庁は、学校での消費者教育や高齢者のトラブルを防ぐ取り組み、消費者教育推進会議の開催などの現状を報告。日弁連からは、消費生活相談総件数が2009年度で約90万件と10年前の約……つづきを読む