公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2407

関東愛媛県人会総会・懇親会(東京都)

夜、関東愛媛県人会総会に参加。 総会では、今までの井関会長から橋本会長にバトンタッチ。 引き続いての懇親会で、橋本会長の清新な挨拶。 乾杯の後、ふるさとの方々との交流。「テレビで見ましたよ。」「政治頑張って下さい」「景気頼みますよ」など等様々なお声をいただく。 アトラクションは県人会のえぐさゆうこさんの素晴らしい歌。ご主人のピアノもいい。 中締めは斉藤副会長。温かな故郷のほっとするひと時となった。

No.2406

きょうされん「障がい者施策への要望」を伺う(東京都)

障がい者福祉委員会が開催され、「小規模作業所問題、障害者施策・制度の在り方について」きょうされんから要望懇談会が行われた。 被災された福島や栃木・新潟・大阪などの作業所の皆様が国会に来られ切実な実情・要望を訴えられました。 1.東日本大震災の被災障害者等への支援 ・情報保障・情報伝達の在り方 ・自立支援法の柔軟な運用と国費補助 ・小規模作業所、地域活動支援センターを対象に含めた、障害者支援事業の復……つづきを読む

No.2405

ケアラーの方々の支援強化へ!要望を伺う(東京都)

8時からの「ILO活動推進議員連盟」第3回勉強会に参加。 厚労省の村木審議官から「第100回ILO総会について~総会の役割と主要議題」・ILO駐日事務所 長谷川駐日代表から「社会保障制度に関する一般討議について」の講演があり、意見交換を進める。 党介護制度改革委員会で、ケアラー連盟共同代表の堀越栄子 日本女子大学教授より、調査研究報告を伺う。 「ケアラー」とは「介護・看病・療育・世話・心や身体に不……つづきを読む

No.2404

さい帯血 法整備で守って/有田さんら公明に協力要請/松副代表らが応対

 <これまでの活動記録> 公明党の松あきら副代表、古屋範子女性委員長(衆院議員)らは25日、衆院第2議員会館でNPO法人さい帯血国際患者支援の会の有田美智世理事長、日本さい帯血バンクネットワークの中林正雄会長らと会い、さい帯血の法整備などについて要望を受けた。 白血病の治療に有効な、さい帯血移植の保険適用については、1998年に有田さんとともに公明党が強力に推進。99年には日本さい帯血バンクネット……つづきを読む