公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2180

幡多地域で公明党賀詞交歓会 (高知県四万十市)

夜、高知県四万十市で公明党幡多総支部の賀詞交歓会が盛大に開催された。 池脇県代表からの開会あいさつに始まり、田中四万十市長・杉村土佐清水市長はじめ大勢の幡多地域の皆様が公明党に温かいエールをおくっていただく。 公明党から石田議長(衆議院議員)・谷合参議院議員と出席・挨拶。 賀詞交歓会は新年お祝いの詩吟などの披露もあり、楽しいひと時も。 参加者からは、景気・雇用・農業・漁業など地方の活性化へ多くの声……つづきを読む

No.2179

高知黒潮若者塾・若者ステーションを視察(高知県幡多郡黒潮町)

午前中、国会事務所での仕事を終え、羽田空港から高知竜馬空港へ 高知竜馬空港から約2時間半。 幡多郡黒潮町へ。地元門田町議と谷合参議院議員と共に高知黒潮若者サポートステーションを視察。 浅木総括コーディネーターから状況と課題など伺う。 黒潮町に事務局を。高知県内(須崎・土佐・南国・安芸)4か所にサテライトを置き、若者の課題によりそい、解決を目指している。 サポステでは、 1.個別相談(心理面談・訪問……つづきを読む

No.2178

「公明の発言は大きな力」/被害者の会 国へ働き掛け要請

記事分類

 <これまでの活動記録> 公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)とがん対策推進本部(松あきら本部長=副代表)は20日、参院議員会館で肺がん治療薬「イレッサ」の副作用被害をめぐる訴訟に関する合同会議を開き、イレッサ薬害被害者の会の近澤昭雄代表から「早期解決へ協力を」と要請を受けた。渡辺部会長、古屋範子衆院議員、山本博司参院議員が出席した。 イレッサをめぐっては、服用した患者が間質性肺炎など……つづきを読む

No.2177

国の万全な支援策を/山陰豪雪 農林漁業被害で要請/党災害対策本部

 <これまでの活動記録> 年末年始にかけて山陰地方を襲った豪雪被害に関して、公明党災害対策本部(木庭健太郎本部長=参院幹事長)は20日、衆院第2議員会館で、党鳥取、島根両県本部の対策本部と連名の緊急要望書を関係府省庁の担当者に提出し、国の万全な対策を求めた。木庭本部長、石田祝稔事務局長(衆院議員)のほか、桝屋敬悟中国方面議長らが同席した。 記録的な大雪に見舞われた鳥取、島根両県では、国道9号線の長……つづきを読む