公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.1966

「内子フレッシュパークからり」のICT活用による地域活性化成功事例視察(愛媛県喜多郡内子町)

午後より喜多郡内子町に移動。「内子フレッシュパークからり」を地元山上町議と見学。 「内子フレシュパークからり」は愛媛県の中山間地域である内子町と町民などから出資を受けた第3セクターであり、農産物直売所、レストラン、加工事業などを行っている。 (株)内子フレッシュパークからりの富永社長から、概要説明と案内をいただく。 平成7年からスタート15年で現在、年間70万人を超える来訪者が訪れている。会社も5……つづきを読む

No.1965

故郷の地域活性へ!「歯間ブラシ工場落成内見会」で挨拶(愛媛県八幡浜市)

ふるさと八幡浜市保内町にて朝の街頭演説からスタート。地元清水市議とともに行う。地域の皆様が最後まで熱心に聞いていただく。お一人お一人に御礼の握手。本当にありがたい。 その後、歯間ブラシ製造の四国工場の落成内見会に出席。 八幡浜市保内の廃校となった磯崎小学校を活用し、大阪の会社(株)UFCプロダクツが参入。地元の方々(約20名)を雇用し、地域活性化に貢献。 内見会では主催者の久保社長から代表挨拶の後……つづきを読む

No.1964

農作業の事故防ごう/国の対策強化が急務/死亡事故 年間400件、高齢者8割/党部会が農機具メーカー視察

 <これまでの活動記録> 秋の収穫期を迎え、農作業が多忙を極める中で懸念されるのが、トラクターが転倒・転落するなどの不慮の事故。農作業中の死亡事故が毎年400件前後で推移している現状を重視した公明党農林水産部会(石田祝稔部会長=衆院議員)は28日、茨城県つくば市にある農機具メーカー「株式会社クボタ」の筑波工場を視察し、農作業の安全を確保する取り組みを探った。 これには石田部会長、西博義衆院議員、渡……つづきを読む