公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.1893

急激な円高・株安対策を早急に実行せよ! (東京都)

午前中、財政・金融部会が開催。円高・株安の現状と対策について担当部局からヒアリング意見交換を進めた。 「円高など足下の金融経済情勢を踏まえた政策対応」「過去の円高対策及び金融政策(量的緩和等)の事例」などのテーマで財務省、日銀から説明を受ける。 急激な円高・株安に対する政府・与党の対応が鈍い。白川日銀総裁と電話で15分との菅総理の危機意識のなさもそうだが、財務省・日銀の現状認識と対策の遅さも本日の……つづきを読む

No.1892

地域密着の介護探る/高齢者専用の賃貸住宅など 先進事例で意見交換/埼玉・和光市で党改革委

 <これまでの活動記録> 公明党の介護保険制度改革委員会(古屋範子委員長=衆院議員)は26日、埼玉県和光市にある高齢者専用賃貸住宅「リーシェガーデン和光」を訪れ、同市の高齢者政策などについて、関係者と意見交換した。 これには、古屋委員長のほか、大口善徳、竹内譲の両衆院議員、渡辺孝男、西田実仁、山本博司の各参院議員、福島豊前衆院議員らが参加した。 同市は、2003年度から「長寿あんしんプラン」を策定……つづきを読む

No.1891

財政基盤の確立急務/さい帯血バンクの課題を聞く/党厚労部会

 <これまでの活動記録> 公明党厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は26日、参院議員会館で、日本さい帯血バンクネットワーク将来構想検討会の神前昌敏座長から、さい帯血バンクの現状と課題についてヒアリングを行い、意見交換した。これには宮城県本部と北海道本部の県・市議らも参加した。 日本さい帯血バンクネットワークは公的バンクの全国組織で、1999年の発足以降、白血病などの治療に有効なさい帯血の採取……つづきを読む