公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.1597

参院選勝利へ!目黒総支部地区委員大会で国政報告(東京都目黒区)

夕方厚生労働部会が開催され、「国民健康保険法」について、健康保険組合連合会よりヒアリングを受ける。 対馬専務理事・森岡総務部長から説明を受け、問題点を伺う。 健康組合に加入する3000万人の勤労者と家族の声として高齢者医療のために国庫補助の削減を肩代わりする法案への反対の意見を聞く。 医療保険制度の安定的な運営のための改正だが、国庫補助の削減をどう吸収するのか?

No.1596

「総合うつ対策」へさらなる推進を!「公明党うつ対策WT」(東京都)

午前中、「うつ対策ワーキングチーム(WT)」(古屋座長)が開催され、『平成20年「総合うつ対策」に関する提言の進捗状況について』関係部局からヒアリングを受ける。 公明党は平成20年に「総合うつ対策」に関する5項目の提言を当時の厚労大臣に行なった。その進捗状況と今後の対応を協議した。 (うつ病を取り巻く環境) ・うつ病の有病者数は約250万人といわれ、病院に受診をし診断された人は約70万人(平成20……つづきを読む

No.1595

非難、予報の検証必要/チリ地震津波被害 関係省庁と意見交換/党対策本部

 <これまでの活動記録>  公明党のチリ地震津波災害対策本部(本部長=井上義久幹事長)は2日、参院議員会館で会合を開き、南米チリの大地震により日本へ到達した津波の被害状況や、今後の対策などについて関係省庁と意見交換した。  席上、井上幹事長は、自ら避難場所を見舞う中で、自治体から出される「避難勧告」と「避難指示」について、住民の受け止め方に混乱が生じていた実態を指摘。さらに、予報と観測された津波の……つづきを読む