公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.1470

鳩山政権3ヶ月「公約破り」で支持率さらにダウン(東京都)

鳩山政権発足から3ヶ月。80%台にも上った高い支持率も最近では50%をきり、不支持率の増加と共に、あの政権当初の勢いはない。 「せっかく高い期待を寄せたのに」との国民の多くが嘆いている現状である。 何故そこまで早く失速したのか?沖縄普天間基地や経済対策をめぐる、鳩山総理の指導力不足が指摘されているが、最近では民主党がマニフェストで掲げた政策の公約破りもひどい。 例えば「子ども手当てや暫定税率廃止」……つづきを読む

No.1469

職員の待遇改善が必要/東京・目黒区で山本(博)氏ら 介護現場の要望聞く

 <これまでの活動記録>  公明党の山本博司参院議員は18日、東京・目黒区で、社会福祉法人・愛隣会(守永誠治理事長)が運営する養護老人ホームや知的障がい者施設を訪れ、介護現場を視察した。斉藤泰宏都議、石橋仁之、武藤正浩、関賢一の各目黒区議が同行した。  守永理事長らは、介護職員処遇改善交付金について、「公明党の力で実現したものであり、介護の施策で初めてプラスになるもの」と謝意を表明。その上で、介護……つづきを読む

No.1468

安心の国民生活へ/来年度予算編成で提言 無料がん検診継続など/厚労省に党部会

 <これまでの活動記録>  公明党厚生労働部会の渡辺孝男部会長(参院議員)は18日、厚労省を訪ね、長妻昭厚労相あての来年度予算編成に関する提言を水田邦雄厚労事務次官に提出した。松あきら副代表、古屋範子、山本博司両部会長代理、石田祝稔衆院議員が同席した。  提言では、政府の来年度予算編成にあたり、安心して暮らせる国民生活の基盤である医療、介護、子育て支援、障がい者福祉、雇用、年金などについて、44項……つづきを読む