公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.1349

愛媛県市長会との交流会(愛媛県松山市)

夕方から愛媛県に移動。市長・知事との交流会に参加する。県内の市長の皆様と地元国会議員との懇談。当番市の東温市 高須賀市長・加戸愛媛県知事の挨拶の後、乾杯・懇親と続く。 地元国会議員として挨拶をする。「日頃の御礼と共に公明党の原点は地方議員からの出発で、地方の声を一番反映出来る政党として取組む決意」の挨拶をさせていただく。 懇談では各市長と医師不足・過疎地域対策・補正予算執行停止の影響など各分野で意……つづきを読む

No.1348

香川県内の救護施設を視察・懇談(香川県高松市・丸亀市・坂出市)

早朝、高松駅前街頭演説からスタート。傘を差して、通勤客の方々に公明党の政策を訴える。中にじっと立ち止まって聞かれていた壮年の方が近寄って来られた。「参議院議員の山本さんですか?」香川県のNPO法人で引きこもり支援の役員の方である事がわかり、中断して挨拶をさせていただく。街頭では様々な方々との交流があり、嬉しい限りである。 午前中、香川県の救護施設2ヶ所を視察し、見学・懇談をする。最初の訪問先は丸亀……つづきを読む

No.1347

命守る政策を推進/山本(博)氏 250回目の街頭演説/高松市

 <これまでの活動記録>  公明党の山本博司参院議員は5日、高松市内で2007年の初当選以来、250回目となる街頭演説を行った。  この中で山本氏は、乳がん・子宮頸がん無料検診や介護従事者の待遇改善など、公明党が「命を守る政治」の実現に取り組んできたことに言及。  その上で、無料検診の恒久化、子宮頸がんの予防ワクチン接種の公的助成も重要な課題だとして、「今後も民主党政権に対し、政策推進を訴えていく……つづきを読む