公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.897

「低所得者への給付額加算・受給資格期間の短縮」など年金改革で公明党案が検討課題に(東京都)

午前中、国対役員会の後、公明党「社会保険制度調査会・年金制度委員会」として厚生労働省から「公的年金の最低保証機能などの強化案」についてヒアリングと意見交換を進めた。 社会保障審議会年金部会で検討項目が示され、その内容が本日各紙にも年金改革の記事で掲載された。 主な項目は 1.低年金・低所得者に対する年金給付の見直し 2.基礎年金の受給資格期間(25年)の見直し 3.国民年金保険料の徴収時効(2年)……つづきを読む