公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.855

公明党の主張した生活支援の定額減税、年度内に実施が決定(東京都)

脳精髄液減少症の患者の皆様と国土交通省(谷口政務官)へ陳情にうかがう。患者支援の会や子ども支援チームさらに患者の皆様の代表が要望書を読み上げながら実状を訴える。要望内容は下記。 1.交通事故脳精髄液減少症の治療(ブラッドパッチ)の自賠責保険適用 2.自賠責保険の後遺障害認定基準に適切な等級にて脳精髄液減少症を付加 3.交通事故等による脳精髄液減少症患者の実態調査と支援体制の確立など である。 患者……つづきを読む

No.854

学校耐震化新国庫補助率/木造校舎に初の適用/築50年の日土小学校/従来より7000万円も増額に/公明が引き上げを推進/愛媛・八幡浜市

 <これまでの活動記録>  愛媛県八幡浜市立日土小学校(河野達司校長、児童数62人)にこのほど、学校耐震化工事の新国庫補助率(3分の2)が木造校舎として全国で初めて適用された。これを受けて公明党の山本博司参院議員は同校を訪問。清水正治・八幡浜市議が同行した。  木造近代建築として評価の高い同小学校は大洲市出身の建築家・松村正恒氏が設計したもので、木造2階建ての中央校舎は1956年、東側校舎は58年……つづきを読む

No.853

自閉症支援で意見交換/党WT 協会役員の提言聞く

記事分類

 <これまでの活動記録>  公明党の発達障害者を支援するワーキングチーム(WT、福島豊座長=衆院議員)は28日、衆院第2議員会館で、日本自閉症協会の石井哲夫会長ら役員を招き、自閉症者への支援のあり方で意見交換した。公明党から福島座長と古屋範子衆院議員、山本博司参院議員らが出席した。  この中で、石井会長は、発達障害者支援法の施行や特別支援教育の実施など、公明党が推進した自閉症者にかかわる環境整備に……つづきを読む