公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.825

鳥取から東京へ!戦争体験者との語らい・親族集合(東京都)

鳥取駅からバスで空港へ。機上から真夏の雲の風景を見ながら、東京へ。目黒の自宅に20日ぶりにもどり、妻の笑顔に迎えられる。 午後地域をまわり、目黒に住む小笠原さん宅を訪問。ご主人89歳。奥様80歳。原爆被爆者である小笠原さん。当時の様子を教えていただく。爆心地で軍隊で歩哨を朝までした後、寝ていた時間に被爆。その時に外の当番であれば一瞬にして死んでいたとおっしゃていた。外にいた人は全て亡くなり、建物は……つづきを読む

No.824

被爆63年/核兵器廃絶へ決意新たに/広島県本部 HIROSHIMA平和創出行動

 <これまでの活動記録>  公明党広島県本部は被爆63年の今夏も、「HIROSHIMA平和創出行動」を実施した。栗原俊二・HIROSHIMA平和創出委員会委員長(県議)を中心に、核兵器廃絶・平和拡大への決意を新たにした。  『被爆者を慰問』  『いつまでもお元気で/養護ホームで入所者を激励』  同県本部は7月29、30の両日、広島市内にある広島赤十字・原爆病院や原爆養護ホーム4カ所を訪問し、被爆者……つづきを読む

No.823

原油高対策、生活不安解消へ/猛暑の中、現場の声聞き奔走

 <これまでの活動記録>  原油高対策や生活不安の解消を図ろうと、公明党の石田祝稔衆院議員と山本博司参院議員は連日、四国4県各地の現場に飛び込んで生の声を聞く活動を精力的に展開している。  『運輸、農業などへも支援対策を/衆院議員/石田祝稔』  漁業や農業をはじめ多方面に深刻な打撃を与えている原油高への対策などを進めるため石田氏は、現場の生の声を聞こうと四国内を奔走している。  7月14日には香川……つづきを読む

No.822

ムダ削減の先頭に/中国5県本部が議員研/桝屋氏が強調

記事分類

 <これまでの活動記録>  公明党の中国方面5県本部は9日、鳥取県伯耆町内で夏季議員研修会を開催した。これには桝屋敬悟方面議長(衆院議員)、谷合正明、山本博司の両参院議員が参加。斉藤鉄夫環境相(公明党)も駆け付け、あいさつした。  席上、桝屋氏は、公明党が連立政権に参加して以来、国家公務員の大幅削減など行政改革に取り組んできた数々の成果を強調。「今後も国会議員の歳費削減や会計検査院の機能強化などで……つづきを読む