公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.761

粘り強い外交で平和・友好の道(東シナ海のガス田合意) (東京都)

8時30分から外交部会が開催。「ガス田・日朝協議」について外務省から説明を受ける。 「東シナ海における日中間の協力について」では北部海域の共同開発や白樺(中国名春暁)ガス田の日本法人の参加など中国との懸念された東シナ海の境界画定が実現するまでの過渡期の期間での協力体制が合意した内容である。共同開発のガス田は白樺以外に翌檜(あすなろ)も含め2箇所。 ガス田問題は2004年に問題が発覚してから約4年を……つづきを読む