公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.744

終盤国会、波乱含みの展開に(東京都)

国対役員会。議院運営委員会・議員総会の後、本会議が開催。6本の法律が可決された。その中には「性同一性障害者の戸籍を変更できる特例改正法案」では公明党の浜四津代表代行などが中心となり推進された法案である。4年前議員立法で成立した改正となる。 心と体の性が一致しない性同一性障害者が今までは、性別変更の要件の1つが「現に子どものいない事」であったが、「全ての子どもが成人すれば変更できるように改められたも……つづきを読む

No.743

“代替案なし”は無責任/長寿医療 野党の廃止法案を批判/参院厚労委で渡辺、山本(博)氏

記事分類

 <これまでの活動記録>  民主党など野党4党が提出した長寿医療制度(後期高齢者医療制度)廃止法案が3日、参院厚生労働委員会で実質審議入りした。公明党から渡辺孝男、山本博司の両氏が質問に立ち、同法案の問題点を浮き彫りにした。  この中で渡辺氏は、5月28日に野党側から同法案の説明を受けたことに触れ、野党間で長寿医療制度の廃止後の改革ビジョンが一致していない点に言及。「(廃止)法案を提出しながら、(……つづきを読む