公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.478

福祉、教育などで活発に調査・視察活動

 <これまでの活動記録>  『東京都内の先進養護学校を訪問/山本(博)氏、党徳島県議団』  公明党の山本博司参院議員と徳島県議会公明党の長尾哲見、大西章英の両議員は先ごろ、東京都杉並区にある都立永福学園高等部(小林進校長)を視察した。  同学園は、「東京都特別支援教育推進計画」により、軽度の知的障害の生徒を対象に、就労に必要な知識や技能を身に付ける養護学校高等部として、今年4月に開学した。  一行……つづきを読む

No.477

公明、現場に動き調査

 <これまでの活動記録>  医療、雇用、教育など国民生活に直結した課題の解決へ、公明党は活発に調査活動を繰り広げている。19日も党の各対策本部や部会、局が各地で視察を行った。  『救急医療』  『小児科医の負担軽減へ/党推進本部が調査』  『土浦協同病院 地域の医師が時間外診療』   小児救急・周産期医療の現状を調査するため、公明党の浜四津敏子代表代行と救急医療対策推進本部(本部長=渡辺孝男参院議……つづきを読む

No.476

厚生労働委員会で労働・雇用法案で2回目の質問。舛添大臣より答弁をもらう(東京都)

厚生労働委員会が開催され、2回目の質問にたつ。与党と民主党の協議での修正法案の労働契約法・最低賃金法の内容である。15時15分から25分間。労働契約法は労働者と使用者との法的なルールを確立し、労働者が安心して働く事の出来る法律である。また最低賃金法の改正は39年ぶりの改正で、労働者の賃金を支えるセーフティネットの役割が拡充された内容となっている。法案の趣旨・労働者のメリット・懸念事項など質問をする……つづきを読む