公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.445

基準見直し 年内に結論/原爆症認定 在外被爆者問題も急ぐ/与党PTが初会合

 <これまでの活動記録>  自民、公明両党の与党原爆被爆者対策に関するプロジェクトチーム(PT、河村建夫座長=自民)は24日、衆院第1議員会館で初会合を開き、専門家を招いて原爆症の認定基準見直しなどについて、意見を聞いた。公明党からは江田康幸衆院議員、浮島智子、山本博司の両参院議員が出席した。  会合の冒頭、江田氏は同PTの方向性について、「遠距離被爆者の方々を、どう認定基準の中に入れていくのか、……つづきを読む

No.445

厚生労働委員会で一般質問・本格的論戦始まる(東京都)

厚生労働委員会が朝9時から12時40分近くまで開催される。大臣所信への一般質問が各党から実施される。肝炎・年金など今、問題になっている内容の質問が集中する。舛添大臣が1つ1つ自分の言葉で質問に答えられており、感心する。命をあずかる厚生労働の分野だけに、責任は大きい。民主党法案の趣旨説明がされ、いよいよ来週より審議入りとなる。夕方には政調全体会議が開催された。本格的な論戦が始まった。