公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”ハンセン病” がつけられた記事

No.8930

ハンセン病家族補償法が成立 最大180万円を補償(東京都)

ハンセン病隔離政策で差別を受けた元患者家族に対し、最大180万円を支給する補償法と名誉回復を図る改正ハンセン病問題基本法が、15日の参院本会議で全会一致で可決、成立しました。 この間、公明党ハンセン病家族救済本部 事務局長として、家族の皆様に寄り添いながら進めてまいりました。また超党派のハンセン病ワーキングチームメンバーとして、ハンセン病家族補償法の成立の環境整備に取り組んできただけに、感慨深いも……つづきを読む

No.8866

「ハンセン病家族救済へ!」法整備に向けてワーキングチーム・対策本部の検討(東京都)

厚生労働部会・ハンセン病家族救済本部 合同会議が17日参議院議員会館で開催。 超党派のハンセン病ワーキングチームの第一回会議(10月11日)の報告と共に法制局、厚生労働省からヒアリング。ハンセン病家族の救済の骨子案について意見交換。 さらに超党派のハンセン病ワーキングチーム(WT)が17日、18日と連続して開催。私もWTのメンバーとして出席。家族救済の骨子案について、さらにつっこんで議論しました。……つづきを読む

No.8716

「公明党ハンセン病家族救済対策本部」の初会合が開催(東京都)

2日朝8時から「公明党ハンセン病家族救済対策本部(本部長:桝屋敬悟衆院議員)」の初会合が開催。 対策本部事務局長として司会。斉藤幹事長、石田政調会長ら衆参国会議員が出席。 大口副大臣ら厚労省、文科省、法務省が参加。厚生労働省から「ハンセン病家族訴訟について訴訟の概要、熊本地裁の判決概要、総理談話、政府声明など」についてヒアリングし、意見交換致しました。 今後秋の臨時国会に向けて、家族の救済へ、取り……つづきを読む

No.8696

「ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会」(東京都)

24日夕方、「ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会」が衆議院第2議員会館で開催。 本日午前ハンセン病元患者家族訴訟の原告らは首相官邸で安倍晋三首相と面会。原告団から総理面会の報告と共に思いを訴えられました。 「安倍総理が謝罪の言葉を述べると、原告の皆さんの目からは涙があふれ、ハンカチで何度も拭わた。」 「首相と握手する際、原告団は、かすれた声で「ありがとうございます」と感謝の言葉を口にさ……つづきを読む

No.8625

「ハンセン病家族訴訟 控訴せず」政府 家族への差別重く受け止め」(大島訪問)(香川県高松市大島)

9日安倍首相は、ハンセン病元患者家族の訴えを認めて国に賠償を命じた熊本地裁判決について、控訴を断念すると表明。 国の隔離政策で差別を受けたとする家族の主張を重く受け止め、政府として人権侵害の責任を認める必要があると判断しました。 この控訴断念の表明を受け、ほっとしたと同時に原告団家族の方々の喜びの顔が重なりました。 私はハンセン病対策にかんするプロジェクトチーム(PT)の事務局長として、原告団・弁……つづきを読む

No.8443

国立ハンセン病療養所 大島青松園視察 ③瀬戸内国際芸術祭(香川県高松市大島) 

2日、高松市沖の離島 大島へ。瀬戸内国際芸術祭の会場12の島々の1つが大島。 大勢の観光客が官用船「せいしょう」を活用しています。3年前の瀬戸内国際芸術際では官用船が使えず、民間船で運航しましたが、今回大きく改善され、官用船が一般定期航路となり無料で運行となりました。(2019年4月より) 3年に1度の芸術祭。田島征三さんや山川冬樹さん、鴻池朋子さんらアーティストがアート作品を発表。島内に10のア……つづきを読む

No.8439

国立ハンセン病療養所 大島青松園視察 ① 社会交流会館(香川県高松市大島)

2日、高松市沖の離島大島にある国立ハンセン病療養所・大島青松園を訪問。瀬戸内国際芸術祭が始まり、大島も会場となり多くの方々が島を訪れていました。 1909年の開園以来2147名の入所者が亡くなり納骨堂には1443名のお骨が納められています。納骨堂の隣には1909年の開所から1936年納骨堂が建てられるまでに亡くなった674名のお骨が納められている「南無佛」。生まれてくることの出来なかった胎児の為の……つづきを読む

No.8334

「ハンセン病患者家族に支援要請」(党ハンセン病対策PTに原告団ら)(東京都)

公明党ハンセン病対策プロジェクトチーム(PT)(座長:桝屋敬悟衆院議員)は28日、衆院第1議員会館にて、ハンセン病違憲国家賠償訴訟全国原告団協議会、全国ハンセン病療養所入所者協議会、ハンセン病違憲国家賠償訴訟全国弁護団連絡会、ハンセン病家族訴訟原告団より要請を受けました。 PT事務局長として司会を致しました。 ハンセン病の病歴の家族らで構成する訴訟原告団が国に謝罪などを求めている訴訟に関して、同原……つづきを読む

No.8296

国立ハンセン病療養所「大島青松園」の森和男会長が国会事務所に来訪(東京都)

高松沖の離島大島にある国立ハンセン病療養所「大島青松園」の入所自治会 森和男会長が国会事務所に来訪。(14日) 森会長は、全国13ある全国ハンセン病療養所 入所者協議会(全療協)の会長もされています。 森さんは、徳島県鳴門生まれで1949年9歳で大島青松園に入所。半世紀以上、療養生活を送り、通算6期入所者自治会長を務めています。言葉では言い尽くせない大変な体験をされて来られたと思いますが、いつも笑……つづきを読む

No.7987

「ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会」(東京都)

8日夕方、「ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会」が参議院議員会館で開催。 ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会 堅山勲事務局長の挨拶の後、国会議員懇談会の森山ひろし会長(自民党衆院議員)から挨拶。 その後それぞれ要望が話されました。要望実現に向けて、全力で取組みます。 【要望内容】 1. 医師確保の措置と介護体制の充実(期間業務職員の拡充) ・療養所の医師定員数は大きく下回り、副園長……つづきを読む