公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”ハンセン病” がつけられた記事

No.9859

副大臣の活動④「第8回ハンセン病に係る偏見差別解消に向けた協議の場」(東京都)

「第8回ハンセン病に係る偏見差別解消に向けた協議の場」が22日、開催。 家族訴訟原告団、家族訴訟弁護団、元患者の方々(全国ハンセン病療養所入所者協議会、ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会)が出席。 大島青松園の森会長(全国ハンセン病療養所入所者協議会会長)らもオンラインで参加。 最初に厚労副大臣として挨拶。家族原告団 黄副団長や2人の方の体験、全原協 樫山事務局長の挨拶の後、議事が進行。 福岡……つづきを読む

No.9857

厚労副大臣の活動③全原協竪山事務局長、ハンセン病家族訴訟弁護団大槻弁護士らと懇談(東京都)

全原協(ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会)の竪山勲事務局長らが厚労省へ。(22日) 「鹿児島県鹿屋市にある国立ハンセン病療養所・星塚敬愛園の将来構想について」お話を伺いました。 その後、ハンセン病家族訴訟弁護団の大槻倫子弁護士らから「ハンセン病元患者家族補償金申請の件」についての要望を伺いました。 国の隔離政策の下で、厳しい偏見、差別を受けてきた、ハンセン病患者・元患者やご家族の皆様の苦しみ……つづきを読む

No.9718

「令和2年度ハンセン病問題対策協議会」(東京都)

「令和2年度ハンセン病問題対策協議会」が29日午後都内で、開催。 厚生労働省とハンセン病違憲国家賠償訴訟全国原告団協議会、同全国弁護団連絡会及び全国ハンセン病療養所入所者協議会(総称して「統一交渉団」)の方々との令和2年度の協議会が開催。 新型コロナの影響で会場の参加者は少人数で、全国の療養所などを結びオンラインでの双方向の会議となりました。 担当副大臣として挨拶の後、ハンセン病問題対策協議会座長……つづきを読む

No.9708

「らい予防法における被害者の名誉回復及び追悼の日」式典(東京都)

「らい予防法における被害者の名誉回復及び追悼の日」式典が29日午前、厚労省正面玄関付近「追悼の碑」前で開催されました。 例年6月22日の「被害者の名誉回復及び追悼の日」に開催していましたが、新型コロナ感染症の影響を踏まえ、規模を縮小しての開催に。 全国の療養所において、オンラインで結ばれました。 式典は、献花・黙とう・式辞・挨拶・来賓挨拶の順に行われ、私は田村厚労大臣の代理として、献花・式辞を述べ……つづきを読む

No.9661

国立ハンセン病療養所多摩全生園・国立ハンセン病資料館視察(東京都東村山市)

14日午後、東村山市の国立療養所多摩全生園・国立ハンセン病資料館を副大臣として視察。資料館の西岡直子課長の案内で国立ハンセン病資料館を見学しました。 平成5年に国立療養所多摩全生園の隣に高松宮記念ハンセン病資料館が開館。平成19年に国立ハンセン病資料館に。ハンセン病資料館は、ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者とその家族の名誉回復を図ることを目的としています……つづきを読む

No.9656

国立ハンセン病療養所多摩全生園視察①入所者等と懇談・納骨堂で献花(東京都東村山市)

14日午後、東村山市の国立療養所多摩全生園を副大臣として視察。2010年5月訪問以来10年ぶりの訪問となります。 石井則久園長など職員の方々、全国ハンセン病療養所協議会(全療協)の藤崎事務局長、入所自治会の山岡吉夫会長・平野智副会長らと夫々懇談しました。入所者は135名。平均年齢86.7歳。 石井園長らとは、新型コロナ対策、医療・看護体制、将来構想。藤崎陸安事務局長とは療養所の所長・副園長の不在の……つづきを読む

No.9615

「第7回 ハンセン病を正しく理解するパネル・作品展」(香川県高松市)

高松市瓦町FLAG8階で開催された「第7回 ハンセン病を正しく理解するパネル・作品展」を中村秀三市議と鑑賞。 ハンセン病療養所の所在地である高松市の市民として、ハンセン病についての正しい知識を持ち、私たち一人一人が自らの問題として理解を深めるためのパネル・作品展です。 高松市が主催し、大島青松園(同市庵治町)の入所者が手がけた作品などが並べられていました。 入所者の磯野さんの作品も展示され感激しま……つづきを読む

No.8928

ハンセン病家族補償法が成立 最大180万円を補償(東京都)

ハンセン病隔離政策で差別を受けた元患者家族に対し、最大180万円を支給する補償法と名誉回復を図る改正ハンセン病問題基本法が、15日の参院本会議で全会一致で可決、成立しました。 この間、公明党ハンセン病家族救済本部 事務局長として、家族の皆様に寄り添いながら進めてまいりました。また超党派のハンセン病ワーキングチームメンバーとして、ハンセン病家族補償法の成立の環境整備に取り組んできただけに、感慨深いも……つづきを読む

No.8864

「ハンセン病家族救済へ!」法整備に向けてワーキングチーム・対策本部の検討(東京都)

厚生労働部会・ハンセン病家族救済本部 合同会議が17日参議院議員会館で開催。 超党派のハンセン病ワーキングチームの第一回会議(10月11日)の報告と共に法制局、厚生労働省からヒアリング。ハンセン病家族の救済の骨子案について意見交換。 さらに超党派のハンセン病ワーキングチーム(WT)が17日、18日と連続して開催。私もWTのメンバーとして出席。家族救済の骨子案について、さらにつっこんで議論しました。……つづきを読む

No.8714

「公明党ハンセン病家族救済対策本部」の初会合が開催(東京都)

2日朝8時から「公明党ハンセン病家族救済対策本部(本部長:桝屋敬悟衆院議員)」の初会合が開催。 対策本部事務局長として司会。斉藤幹事長、石田政調会長ら衆参国会議員が出席。 大口副大臣ら厚労省、文科省、法務省が参加。厚生労働省から「ハンセン病家族訴訟について訴訟の概要、熊本地裁の判決概要、総理談話、政府声明など」についてヒアリングし、意見交換致しました。 今後秋の臨時国会に向けて、家族の救済へ、取り……つづきを読む