公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.3348

原爆の日・動員学徒、被団協の追悼式に参列(広島県広島市)

9時から広島県動員学徒等犠牲者の会主催の原爆追悼式に参列。 国家斉唱、黙とうの後、広島県動員学徒等犠牲者の会 井上理事長の式辞などの後、献花。 10時からは広島県原爆被害者団体協議会(被団協)主催の原爆死没者追悼慰霊式に山口代表・斎藤鉄夫幹事長代行と共に出席。 全国の被爆者は21万830人。平均年齢は78.1歳。一段と高齢化。風化させないためにも若い人達への体験継承など恒久平和の実現へ取り組んでま……つづきを読む

No.3347

被爆67年!核廃絶・世界平和を祈る! 平和記念式典(広島県広島市)

広島に原爆が投下され67年を迎えた8月6日。 広島の地は祈りの日となった。 早朝5時過ぎに広島平和公園内を通る。 慰霊碑、平和の灯へ、多くの方々の参列者の列が続く。 6時15分から原爆供養塔前での広島戦災供養会主催の原爆死没者慰霊行事に参列。追悼の祈りを捧げる。 8時からは広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式へ。 被爆者・遺族、71か国と欧州連合代表部の大使など約5万人が参列。英仏の駐日大使が初……つづきを読む

No.3346

核兵器廃絶への誓い新たに/40回目の献花、被爆者慰問/大会宣言 世界恒久平和へ連帯を確認

 <これまでの活動記録> きょう8月6日、被爆地ヒロシマは67年目の「原爆の日」を迎えた。これに先立ち、公明党広島県本部(斉藤鉄夫代表=衆院議員)の「HIROSHIMA平和創出委員会」(栗原俊二委員長=県議)は7月31日、今年で40回目となった被爆者への慰問、原爆慰霊碑への献花など「核時代・被爆67年 HIROSHIMA平和創出行動」を実施。核兵器のない世界の構築に向けて決意を新たにした。 被爆6……つづきを読む