公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7885

「障害があっても、あなたらしく、輝ける」NPO法人ひあしんすを訪問(神戸市北区)

24日神戸市北区にある「NPO法人ひあしんす」を大阪府立大学 総合リハビリテーション学研究科 高畑進一教授の案内で訪問。
安福ひとみ施設長(作業療法士・相談支援専門員)と精紳障がい者支援で意見交換。

「NPO法人ひやしんす」は元々精神科病院の外来OT(作業療法士)に来ていた人たちの「地域の中で居場所がない」「理解してくれる人、支えてくれる人がいない」という意見から「それなら自分たちでつくろう」と始まった法人。(2005年)

最初は小さな喫茶店から始まりましたが、現在「ほっとステーションぽてと」(就労継続支援B型事業所)として、お菓子の製造販売を行うスイーツ工房(喫茶「Caféぽてと」・製菓「Sweets Factory POTETO」(お弁当の製造と宅配、高齢者サポートサービスを行うランチ工房)。

また就職を目指した方のための就労移行支援事業所「Jobステーション」。様々な希望の実現のため総合的にサービスを調整、相談することのできる相談支援事業「地域コーディネートセンターぽてと」。地域生活の自立をめざすグループホーム「さくらホーム」を運営。

利用者は73名。スタッフは非常勤も含めると37名と拡大されています。安福さんの案内で夫々の施設を視察致しました。

お年寄りから「家にも届けてくれたらね」の声からお弁当の宅配サービスも開始。毎日地元の高齢者20人にお弁当を届けて居ます。

また地域の病院の中にも喫茶店「Caféコスモス」をオープン。視察を終えた患者さんや家族、地域の方方が気楽に集れる場所で。障がい者もそこで働く場となっています。
地域に根差しての13年間。精紳障がい者の支援に全力で取り組み活動に大変感銘を受けました。

精紳障がい者支援の報酬改定の課題、地域移行への支援など要望も伺いました。
今後の障がい者施策に反映してまいります。ありがとうございました。



コメント